インスタグラム
facebook

いわて果実

IWATE APPLE2 WEEK IWATE APPLE2 WEEK

買うなら岩手のりんご!大切な人と食べよう!

「いわて果実APPLE2 WEEKS 2021」
について

「ふじ」や「はるか」の出荷時期に合わせ、
県産りんごの販売促進キャンペーンを展開しています。
岩手県は生産量が全国3位のりんご生産県であり、
県庁所在地の盛岡市は1人当たりの購入金額と
消費量が全国1位のりんごが大好きな県です。
11月から本格出荷が始まる岩手の「ふじ」は、
お歳暮用の贈答品として人気があります。
12月に出荷される黄色りんご「はるか」は、初雪が降る中で糖度を増し、
糖度・密入りにおいて優れているものは、
県産高級りんご「冬恋(ふゆこい)」というブランドで販売されます。
おいしい岩手のりんごを果実やスイーツでもっと身近に!

 

今年は春に岩手を襲った霜や雹(ひょう)の影響により、
県内のりんご産地では、
果実に傷ができるなど、大きな被害が出ました。
被害を受けたりんごは、傷など見た目は気になるかもしれませんが、
味に変わりはない美味しいりんごです。

 

今年は、あなたの大切な人と岩手のりんごを買って食べて、
リンゴ農家を応援しましょう!
岩手のりんごが彩る3週間
「いわて果実APPLE2 WEEKS 2021」開幕です!
アンダーバス「Apple2 Weeks」イメージソング

 

再生できない方はこちらから

【再生】 on | off

りんごの品種を知ろう!

りんごは、収穫時期によって、
「早生種 (8月下旬~9月中旬)」・「中生種(9月下旬~ 10 月中旬)」・
「晩生種(10 月下旬以降)」に分類されます。
品種によって旬の時期が異なり、季節に応じて色々な味わいや食感のりんごが楽しめます。
生食用のりんごの評価が高い岩手県ですが、
加工に適したクッキングアップルも栽培されています。

はるか冬恋

はるか(冬恋)

究極の蜜入りりんご

岩手のりんごスペシャリストが結集し、手塩にかけて栽培したプレミアム種。糖度16度以上、蜜入り指数3.0以上の玉だけを出荷しています。寒さで鍛え抜かれた歯応えある食感と、凝縮された蜜の甘みが最高です。

●最盛期/12月

ふじ

ふじ

強い甘みは全国で好評

岩手の「ふじ」は酸味が少なく強い甘みが特徴。特に「江刺りんご」は全国有数のブランドです。また、袋をかけず太陽の恵みをたっぷり受けた「サンふじ」は、より甘みが際立ち果汁たっぷり。蜜入りはギフトにも人気。

●最盛期/11月~12月

シナノゴールド

シナノゴールド

果汁たっぷり黄色りんご

サクサクとした食感で、甘みの中に酸味も感じられ、柑橘類のようなさわやかな風味が味わえる。重量感のあるものが果汁たっぷりでおススメ。

●最盛期/11月中旬〜

紅の夢

紅の夢

果肉が赤いりんご品種。

お菓子作りなど加工向きのりんご。アントシアニンが豊富で、皮ごと加工するときれいなピンク色になる。酸味は効いているが、渋みがないため、生食も可能なりんご。

●最盛期/11月中旬〜

大 夢

大 夢

大玉でジューシー

「ふじ」と「ゴールデンデリシャス」を交配した、岩手県オリジナルの新品種。名前の通り大玉で果汁が多く、ジューシーな味わい。

●最盛期/11月

ジョナゴールド

ジョナゴールド

甘酸っぱくシャキシャキ

大きめの果実は甘酸っぱく、さわやかなシャキシャキとした食感が魅力。生食はもちろん、スイーツなど調理用にも適しています。

●最盛期/10月

紅いわて

紅いわて

果肉が変色しにくい

濃い紅色で強い甘みと淡い酸味、ジューシーながらパリっとした食感。皮をむいても果肉が変色にしくいのが特徴。岩手県オリジナルの新品種。

●最盛期/10月上旬~中旬

きおう

きおう

果汁が多く香り良し

平成6年に品種登録されたりんごで、8月~9月が最盛期の早生種。果汁が多く、酸味はやや少なめ。やわらかい甘味と香りの良さが自慢。

●最盛期/8月下旬~9月上旬

さんさ

さんさ

酸味と甘味が好バランス

盛岡市の郷土芸能「さんさ踊り」から命名。果肉はしっかりとしていて甘味と酸味のバランスが良く、口の中に豊かな風味の果汁が広がります。

●最盛期/8月下旬~9月上旬

【りんごにまつわる物語】

タルト・タタンという
素敵な物語を知っていますか?

タルトタタンという素敵な物語を知っていますか?

「タルトタタン物語」
 タルト・タタンの「タタン」とは、フランスのロワール渓谷付近にあるラモット・ブーヴロンという小さな町の駅に立つホテルの名前です。このホテルを経営していたのがステファニーとカロリーヌのタタン姉妹でした。
 ある日、ステファニーがりんごのタルトを作っていたら、型にタルト生地を敷くのを忘れてしまい、りんごだけを焼いてしまいました。カロリーヌが慌ててパイ生地をかぶせて焼き、お皿にひっくり返してみると、濃いカラメル色のりんごの食感と香ばしさが何とも言えない美味しさになりました。
 レストランでも、このりんごのタルトは大評判で「タルト・タタン」と名付けられました。
 お菓子作りの失敗から、タルト・タタンは、今でも愛されるお菓子です。
いわて冬恋day